2018年、年賀はがきの値段はまだ52円!その他の疑問もすべて解消!  

  

年賀はがき52円で出せる期間はいつからいつまで?

2017年6月1日よりはがきの郵便料金が52円から62円に値上がりしましたが、年賀はがきについてはお値段据え置き! 

ですが、52円で郵送できる期間がきまっていますので注意が必要です。

年賀はがきが52円で出せる期間は2017年12月15日~2018年1月7日まで。
   年賀はがきはこの期間中に忘れずにポストへ投函しましょう!

期間に間に合わなかったらどうすればいいの?

日本郵便が発行の年賀はがき、いわゆるお年玉付き年賀はがきでも
1月8日以降は62円かかりますので気を付けて下さいね!

1月8日以降に年賀はがきを出す場合は10円切手を貼って合計62円にしましょう。

普通はがきや私製はがきでも期間中は52円で出せるの?

表面の見やすい位置に「年賀」の文字をはっきりと朱字(赤文字)で書いてあれば大丈夫!
逆に、書き忘れると62円になってしまうのでくれぐれもお忘れなく!

1月8日以降は52円で出せないの?7日中に出せば52円で間に合う?

52円で出せるのは1月8日最初のポスト回収分までなのです。
回収時間はポストによって違うので8日早朝なら間に合うとは思いますが危険ですね。
というわけで、2018年1月7日中にポストに投函すれば52円で届きます。

2017年の年賀はがき、もっと古い年賀はがきで出しても52円で届くの?

2017年12月15日~2018年1月7日の期間内であれば届きます!

古い年賀はがきも利用可能!

喪中はがきは52円で出せるの?

喪中はがきは通常はがきと同じ62円です。

期間中なのに私製の年賀はがきに間違えて62円切手を貼ってしまった!返金はしてもえらるの?

差出し日から1年以内に配送業務をしている郵便局で手続きをすれば返金してもらえます。

返金手続きに必要なものは?

①請求者であるあなたの本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)
②該当郵便物(ポストに投函後に送り先に届いたもの)

62円切手を間違えて貼ったけど、ポストに投函していないハガキは返金してもらえるの?

未投函のハガキは料金変換の対象外なのでご注意ください

2018年、年賀はがき郵送に関するまとめ

日本郵便が発行している年賀はがきなら、期間を決めずにずっと52円にしてほしいところですが…こればかりは仕方ないですね! 期間を過ぎてしまった場合は10円切手を貼りましょう。

  それでは、郵便料金が52円の適用期間を守ってお得に年賀はがきを発送しましょう♪

   元旦に確実に年賀はがきを届けたいあなたは12月25日までにポストに投函しましょう!